こんにちは!日野ゆう子です。

先日TOEICを受験された生徒さんより、「リスニングのスコアがあがってました!」というご報告いただきました。

生徒さんはTOEICだけでなく、英語全般のリスニングが以前より楽になってきたとのこと。「発音を学ぶと発音力よりも先にリスニング力が伸びる。」という生徒さんも多くいらっしゃいます。

「英語の発音の基礎を学ぶとリスニングが楽になる。」 これはなぜでしょうか。

英語の音やリズムは私たちの日本語のものとは違うものです。その違いを知らないまま、日本語のリズムの方式英語の音を当てはめて理解をしようとすると、どうしても無理が生じてしまいます。

また英語の本物の音やリズムを馴染みのあるカタカナベースの音に変換して理解をしようとすると、その分タイムロスが起こったり、エネルギーを使ってしまいます。こちらの記事もご参照ください

今まで無駄に使っていた体力・エネルギーを「内容」に集中させることが出来るようになります。

とくにTOEIC等試験問題のリスニングは会話のように相手に聞き返したり、ストップしてもう一度再生することができません。

スピードとの勝負、一回だけのチャンス。

ここでカタカナ英語に変換をしてから理解をするのか、英語を英語のまま聞いて処理をしていけるのかで大きなさが出てきます。

a1180_005994

文が聞きやすく成るのはなぜ?

各音素の取入れがおわると、文の発音練習になると「相手に伝えたいことは何か」を常に考えながら文を発音する練習をします。

この練習をし、英語の文のパターンを身に着けることで、今度は「相手が伝えようとしていることは何か」にも自然に気を付けながら聞くことが出来るようになるのです。

英語の音やリズムや音の組み合わせの法則は無限にあると思われている方もいるかもしれません。ですが実際は、知っておくべきルールはそれほど多くはありません。

色々な文で形を変えて出てきますが、おおもとの音・そしてルールを知って体得していれば応用できるようになります。

英語の音を知ること、言えること、そして文の中での変化を知っておく・言えるの一見遠回りのように見えるかもしれません。

ですが、数学で公式を使えば答えが簡単に出るのと同じように、そして知らなければ損をしてしまうのと同じように、英語の音のルールの変化を知っておくことは英語のリスニングの処理において非常に大切なことなのです。

一度抑おさえてしまえばその後の英語人生にずっと使うことができる英語の音やリズムの公式、当教室ではマンツーマンで生徒さんお一人お一人の状態に合わせた最適な方法でレッスンを行っています。

教室案内はこちらです。

京都・四条烏丸・五条新町 英語発音レッスンCEPIO京都教室

完全予約制
・四条烏丸会場( 地下鉄四条烏丸駅・阪急四条駅より北へ徒歩5分。 Oinai karasuma会議室)
・五条新町会場(地下鉄烏丸五条駅から徒歩約5分(GROVINGBASE会議室5F )
教室案内
生徒さまの声
アクセス
お問い合わせ・体験レッスン予約フォーム または info@eigo-hatsuon.com
電話でのお問い合わせ  09037739589 (受付時間 平日・土曜日10:00~18:00 日曜休み)

 

inq8_2