こんにちは!日野ゆう子です。

「中学で習った基本単語なのに発音すると通じない。」
そんな経験をされたことはありませんか?単語の難易度と発音の難易度は比例しません。

簡単な単語でも、私たち日本人になじみのない発音が含まれているものはたくさんありますし、聞き分けが難しいものもたくさんあります。

「簡単な単語なのに通じない・・」は逆に言うと、音の練習が足りなかっただけで、正しく発音ができるようになれば、使いこなせる言葉に変わることが多いのです。

さて、今日は体験レッスンで生徒さんからのご質問が多い、スペルは似ているのに違う発音をするWarmWormとりあげてみたいとおもいます。

■ warm の音をチェック

まず 今日のような陽気 暖かい を表す単語 warm は

ここをクリック!

■ wormの音をチェック

一方 虫 (にょろっと這うような虫ですね)の Worm は

ここをクリック!

■warmとwormの違い

一見似ていますが、実はwarm とworm の下線部分の発音は違っているんですね。

違いが分かりましたか?

990f4c7242fa7b1fe13743a57e2ff0b9_s

 

 

 

 

 

 

■ワンステップ多い

実はwarmの方はwormと比べて、ワンステップ踏んでいます。

warm /wˈɔɚm/ こちらはwを言った後、舌を下の位置に置きます。はじめの音/ɔɚ/(赤字の方、オに少し似た音)を出し、その後舌を宙に浮かせて/ɚ/に移っていきます。二つの音のつながりを滑らかにすることがポイントです。

worm/wˈɚm/ こちらはwの音を言った後にすぐに/ɚ/(母音のアールの音)にはいります。(舌を宙に浮かせて音をだします。)

舌をあげる前の一音が入っているかどうか、これがポイントになります。わずかな差に見えますがこのわずかな違いをきちんと発音することが大切です。

(英語の発音はわずかな音やタイミングで違いをつけることが多いです。)

今日お知らせしたものは1つのペアですが、単語にはスペルはすごく似ているのに発音が違う!というペアがたくさんあります。

それぞれどうやって出すのか、何が両者の違いを作っているのかをクリアにしておくと、発信するときにも一度で通じるようになりエネルギーの節約になります^^

当教室ではレッスンが進むと、そのような発音が似たペアのチェックも積極的に行います。生徒さんはスペルからご自分でそれぞれの音を想像し正しく発音ができることが多くなります。

当教室では英会話や英語学習を効率的にするための発音レッスンを行っております。教室案内はこちらです。

京都・四条烏丸・五条新町 英語発音レッスンCEPIO京都教室

完全予約制
・四条烏丸会場( 地下鉄四条烏丸駅・阪急四条駅より北へ徒歩5分。 Oinai karasuma会議室)
・五条新町会場(地下鉄烏丸五条駅から徒歩約5分(GROVINGBASE会議室5F )
教室案内
生徒さまの声
アクセス
お問い合わせ・体験レッスン予約フォーム または info@eigo-hatsuon.com
電話でのお問い合わせ  09037739589 (受付時間 平日・土曜日10:00~18:00 日曜休み)