こんにちは! 日野ゆう子です。

「英会話や英語を学びたい!」「TOEICや英検など資格試験を受けたい」と思ったときに、主にその道のりは2つに分かれます。

①できるだけ独学派

②スクールに通って学ぶ派

もちろん、①②のミックスという場合もありますね。

58389c679501bd91619c029ba29b721d_s

 

 

 

 

 

 

独学をしても、通学しても目標が達成することが大切。逆に言えば、望む結果が得られれば方法はどちらでも問題ないわけです。

(独学を選ぶ方の主な理由)
自分のペースで進みたい、計画を立てたり、それを実行することが好き、費用を極力抑えたい・・

(スクールを選ぶ方の主な理由)
やる気をキープしたい、決まった計画で勉強ができる、すぐに質問ができて安心、的確なアドバイスがもらえる・・

などがあげられます。

どちらにもメリットそしてデメリットがあるので、ご自分にとってストレスの少ない、お好きな方法で勉強を進めることが大切だと思います。

さて、英語の音やリズムの習得は、独学派の方が英語の個人学習を効率よく進めるのにもとても役立ちます。

当教室にも「英語は基本独学派」の生徒さんがたくさんいらっしゃいます。

発音の習得が独学に役立つ大きな理由。

それは「英語の音やリズムとの距離感が近くなり、音に対して積極的になれる。」ことです。

例えばTOEICや英検の試験対策。単語帳の単語を覚える時はスペルだけでなく音も一緒に覚えることが苦でなくなります。

私は学生時代、単語の勉強は、音は二の次、とにかく目でみた印象で単語を覚えるを繰り返していました。

「覚えるだけでも大変なのに、音まで覚える余裕がない。」というイメージです。

英語の音は当時の私にとっては「あまり得体のしれないもの」。自分との距離が遠いイメージです。

リスニングは「何だか今一つ良くわからない音を覚えるためにする勉強」でした。

音とあわせて覚えることをしないと「見るとわかるけど、聞いてもわからない」状態が出来上がります。

こうして「ペーパーテストはできるけれど、リスニングが苦手」に。

リスニングが弱いと分かると、今度はその対策をしなくてはなりません。

結局いつかは「見たらわかる単語」に「音を覚える作業」を加えなくてはいけません。

「先延ばしにして来たけれど、今度は音を覚えないといけないなー」と重い腰を上げる。そんな風に勉強を進めていました。

8ba5fe1a560d77db28df934a15dba297_s

 

 

 

 

 

 

英語の発音が出来ると、英語の音やリズムとの距離感が近くなります。

普段から英語の音が身近な存在であれば、「ちょっと音を出してみよう。」「音と一緒に単語を覚えよう。」音に対して積極的になります。

特に大きな努力や覚悟なく、抵抗なく学習に音を取り入れることが出来るようになるのです。

これは学習をより効率よく進ませるためにとても役立ちます。

英単語は音とともに覚える。

音読についてくる音声も「ちょっと真似していってみよう。」「よく聞いてみよう。」

独学でも通学で英語を学んでいても毎日のちょっとが積み重なると、1年後には大きな変化がでるでしょう。

その「ちょっと」を後押しする発音。早い段階で取り入れられることをお勧めします^^

ここまで独学派の英語・英会話学習を効率的にする発音についてお話をしてきました。

ここで気になるのは「英語の発音自体は独学できるの?」ということです。

答えはイエス。ただしリーディングや試験対策など他のスキルへの独学とは違う側面があり、努力が必要となります。

「あれ?なんだかいつもみたいに上手くいかないな。」その他のスキルで独学派だった方が戸惑われるのはこのポイントです。

私自身も英語は基本的には英語は独学、「必要な特殊な知識や技術を得たい!」というときにスクールを利用する派です。

そんな私ははじめは発音も独学でやってみようと思いました。でも、何だか思うように進みませんでした。

他のスキルと比べて、努力 → 達成 を感じにくかったのです。

自分が進歩しているのかどうか、わからない。「結局これでいいの?」と不安を感じることが多いと上手く先にすすみません。

そのうち勉強に使う時間が少なくなりフェイドアウト・・ということが何度も起こってしまいました。

例えば、文法力を上げる、単語を覚える、会話で使えるよう英作文の瞬発力をあげるといった他のスキルを独学する場合。

自分で努力した分、その日のステップ(今日は何ページできた、問題をいくつといたなどです。)の達成感を感じることができます。

その小さなステップが重なって、例えばテキスト1冊をしっかり出来るようになる。

単語を見るとその意味がすぐにでてくるようになったりする。試験でスコアが上がる。

頑張ったこと→大きな目標の達成を感じることへの道のりが比較的分かりやすく、シンプルです。

712523a7f69a2b3ceddc669c2c33620d_s

 

 

 

 

 

 

独学での発音のスキルが難しいのは、「できた」の判定をするのが自分以外にいないということです。

自分が出している音が正しいのか、そうでないのか、判断を初期の段階から自分の耳でしなければならない部分です。

もしもその部分にエネルギーを使ってしまって、うまくいかない・・とお悩みであれば、スクールで効率よく発音スキルを取り入れてしまわれることをおすすめします。

早いうちに発音スキルを取り入れてしまわれると、自分がすでに持っている単語や文が「きちんと伝わる単語」「コミュニケーションに即使える文」に変身します。

英語の基礎体力が効率よく上がるので、その分のエネルギーをまた「独学で効果の出やすいスキル」に注ぐことができるようになります。

よい循環をつくることができるので、おすすめです。

当教室ではマンツーマンでレッスンを行っています。

これから発音を1からスタートしたい方、「自分でここまで進んでみたんだけど、チェックをしてほしい。それから必要なスキルを取り入れたい。」という方・・。

様々なバックグラウンドをお持ちの受講生の方、お一人お一人にあわせてプランをたてます。

①正しい音やリズムを知る。
②自分の音のチェックを受ける。
③正しければその型。間違っていればその修正方法を知る。
④すぐに再生可能な状態まで体になじます。
⑤正しい音が出せているか自分自身で判断できるようになる、間違った音やリズムになった時に違和感を感じられるようになる、自分自身で修正できるようになる。

段階を経て、耳や感覚を育て、発音もいずれは独学ベースに。その気持ちでレッスンをさせていただいています。

お気軽に「ご自分のこれまで」や「これから」をご相談ください^^教室案内はこちらです。

京都・四条烏丸・五条新町 英語発音レッスンCEPIO京都教室

完全予約制
・四条烏丸会場( 地下鉄四条烏丸駅・阪急四条駅より北へ徒歩5分。 Oinai karasuma会議室)
・五条新町会場(地下鉄烏丸五条駅から徒歩約5分(GROVINGBASE会議室5F )
教室案内
生徒さまの声
アクセス
お問い合わせ・体験レッスン予約フォーム または info@eigo-hatsuon.com
電話でのお問い合わせ  09037739589 (受付時間 平日・土曜日10:00~18:00 日曜休み)

 

inq8_2