こんにちは! 日野ゆう子です。

「英語の発音できる」にも実はステップがあります。

①英語の音で単語を発音できる
②英語の音で文を発音できる

「(英語のそれぞれの音の出し方を学んで)英単語だと伝わる発音できるようになったのに、文で読んでみるとしっくりこない。」という場合。

②の文の発音のルールを習得することでお悩みが解決することが良くあります。

(日本語の文が読めるイメージ)
Step1単語が発音できる。→ Step2(文)単語+単語+単語+単語・・とそれぞれを並べてそのまま発音する

(英語の文がよめるイメージ)
Step1単語が発音できる。→ Step2(文)語+単語+語+単語・・1★はっきり言う部分、そうでない部分の差がある 2★単語同士の間で起こる変化にルールがある

「英単語だと伝わる発音できるようになったのに、文で読んでみるとしっくりこない。」という場合。

①日本語の文が読めるイメージそのまま、英単語を並べて発音している可能性

②はっきり言う部分、そうでない部分の差を付けずに読んでいる可能性

③単語と単語の間に起こる変化が不自然な可能性

などが理由として考えられます。

5565d45af0b7fca45fd47b95e68c2dec_s

 

 

 

 

 

 

「え!じゃあ単語が言えるようになっても、まだいっぱいルールを暗記しないといけないの?」私もかつてはそう考えていました。

「単語の終わりにくる音×単語のはじめに来る音の組み合わせなんて無数にあるし、それを暗記しなければいけないの?」

「何百、もしかしたら何千パターンも組み合わせがあるんじゃ・・そんなの覚えるの無理。」

「暗記するだけでも大変なのに、話すときにどうやって使うの?英会話でなんて使える日が来るのかな・・」

色々な不安が駆け巡っていましたが、それは杞憂でした^^;

IMG_7315

 

 

 

 

 

 

大まかなルールをいくつか抑えるだけで、英語らしいリズムやつながりが作れるようになります。

そのルールも「なるほど、実際口に出すとこっちのほうが言いやすいよね。自然にそうなっちゃうよね。」というもの。

ルールを使えるようになったほうが言いやすいのです。

英語と日本語を構成する音は違うので、まずはその音を言えるようになる。

音の土台がしっかりできたら、次は文のルールを知り、練習し、使えるようになる。

この2ステップで「単語は言えるのに文になると何だかおかしい。伝わらない。」は解決できます。

CEPIO京都教室では、個々の音のとりいれ→文のルールとその練習とステップを踏んで、使いこなしていただけるよう練習を行っています。  教室案内はこちらです。

京都・四条烏丸・五条新町 英語発音レッスンCEPIO京都教室

完全予約制
・四条烏丸会場( 地下鉄四条烏丸駅・阪急四条駅より北へ徒歩5分。 Oinai karasuma会議室)
・五条新町会場(地下鉄烏丸五条駅から徒歩約5分(GROVINGBASE会議室5F )
教室案内
生徒さまの声
アクセス
お問い合わせ・体験レッスン予約フォーム または info@eigo-hatsuon.com
電話でのお問い合わせ  09037739589 (受付時間 平日・土曜日10:00~18:00 日曜休み)

 

inq8_2