こんにちは!日野ゆう子です。

「発音のレッスン、始めたいけれどどれくらいで上達するものですか?」というご質問をよくいただきます。

発音の上達はピアノや水泳の上達と同じように個人差があります。またレッスンにどれくらい練習(正しい方法で)に時間を費やしたかでも差がでます。

ただ、通常コースをご受講いただいた場合、はじめの7回(8・5時間)のレッスンが終わった時点で、ほとんどの生徒さんにご受講前の状態と比べて大きな差が出てきます。

770564233f6278fa496217c5dd08394f_s

 

 

 

 

 

 

それはこの7回のレッスンで英語の21個の母音の取入れが終わるからです。

日本語の母音はお、い、う、え、おの5つの音しかありません。

通常の学校教育の英語の授業ではなかなか英語の個々の音まで習うことはありません。(習う機会があっても使い分ける、聞き分けるまでのトレーニングの機会がないのが現状です。)

その結果、ほとんどの方は英語の母音をこのあ、い、う、え、おで代用しているのが現状です。

はじめの8・5時間のレッスンが終わるとこの「今まで存在に気が付かなかった」もしくは「何となく知っていたけれどあまり気にしなかった」「カンに頼って何となく言っていた」英語の母音をそれぞれ区別して発音できるようになります。

どうやって発音をするのか、どんなスペルでその発音がでやすいのか、ご自分の中に指針ができます。そして必要なときにご自分の力で再生をすることが可能になります。

母音の発音を知った後は、一度で通じる単語の数がぐっと増えるので、大げさにいうと、知る前の自分には怖くて戻れなくなります^^

それが私自身が生徒として感じた母音を学ぶ前と後の変化です。

ここでひとつ注意していただきたいポイントがあります。

取り入れた後の音を再生する瞬発力を高めるには、近道はなく、地道な練習がなにより力になります。

この母音を学ぶ前と後の変化、最大限に実感していただくためにぜひご自宅での練習もご併用ください。

レッスン以外の時間に1日10分、15分でも意識をして音を口から出す、発音する、と時間を割いていただくと効果的です。

現在ご受講の生徒さんも、お皿を洗いながら、車を運転しながら(くれぐれもお気をつけて・・)、などちょっとした隙間時間を活用して練習をされ効果を出されています。

母音の音が揃う、子音の音が加わる、息の出し方や響きが変わる、文での発音のルールが分かり適用できる・・それぞれの段階で「できた!」は変わります。

せっかくのご受講の機会をしっかりご利用いただき、効果を実感していただくため私たちインストラクターもしっかりサポートさせていただきます^^教室案内はこちらです。

京都・四条烏丸・五条新町 英語発音レッスンCEPIO京都教室

完全予約制
・四条烏丸会場( 地下鉄四条烏丸駅・阪急四条駅より北へ徒歩5分。 Oinai karasuma会議室)
・五条新町会場(地下鉄烏丸五条駅から徒歩約5分(GROVINGBASE会議室5F )
教室案内
生徒さまの声
アクセス
お問い合わせ・体験レッスン予約フォーム または info@eigo-hatsuon.com
電話でのお問い合わせ  09037739589 (受付時間 平日・土曜日10:00~18:00 日曜休み)

 

inq8_2