こんにちは!日野ゆう子です。

英語の発音、Rは北米英語では特徴的な音です。

日本語の音にRの発音に相当するものがありません。一方で「Rは特別な音」という意識は一般に浸透しています。

そういった背景からか、修正前のRの発音には何パターンかの特徴的な癖の出方があります。これをあらかじめ知っているだけで発音のイメージが良くなる場合も多くありますのでぜひチェックしてみてくださいね。

248bfcd63c20b5e5997a4a4f150f68a7_s

 

 

 

 

 

 

 

アーで代用するパターン

Rに近い日本語の母音を探そうとするとアーになります。

例えば fur はファー sir はサー car はカー

②意識をしすぎてどこにでも入れてしまうパターン

Rは舌をあげて発音をします。R=英語らしい。そのことを意識するあまり必要のないところ(本来Rが入っていない部分)にもRの音を入れてしまうパターンです。

I bought a book. 「R=英語」と意識が強いと、下線のような母音の箇所(本来Rは入りません)にRの音を入れる癖がついていることがあります。

早くから準備をしすぎるパターン

pear car dear こういった単語はRの前に「もうひとつ音」があります。

例えばpear はあえてカタカナでいうとエの音が。car はあえていうとアの音が。dear はイの音が入ります。

でも私たちのとってはRの印象が強烈すぎるため、目がそちらに行ってしまう。

Rの前の音をとばす、またはいい加減に発音をしてRを発音してしまうパターンです。

すると、例えば far (アを言ってからR)が fur (はじめからR)に聞こえたり、star (アを言ってからR)が stir  (はじめからR)に聞こえたりして、「通じない!」が発生してしまいます。

癖に気づき、意識を向け、修正するだけで全体的な印象ががらっと変わることよくありますので、一度立ち止まって音の出し方に注目してみてください。

「自分で色々試しているけれど結局自分の発音は正しいのか間違っているのかどうなのかよくわからない。」という方。これは独学で発音を学んでいらっしゃる方に共通するお悩みでもあります。

客観的に自分の出し方や癖を知ればそれを効率良く修正することが可能です。当教室ではマンツーマンレッスンでおひとりおひとりの英語の癖をチェック、修正してしております。

独学での発音練習に行き詰まりを感じたらぜひ体験レッスンをお試しください。

CEPIO京都教室の詳しい情報はこちらから

京都・四条烏丸・五条新町 英語発音レッスンCEPIO京都教室

完全予約制
・四条烏丸会場( 地下鉄四条烏丸駅・阪急四条駅より北へ徒歩5分。 Oinai karasuma会議室)
・五条新町会場(地下鉄烏丸五条駅から徒歩約5分(GROVINGBASE会議室5F )
教室案内
生徒さまの声
アクセス
お問い合わせ・体験レッスン予約フォーム または info@eigo-hatsuon.com
電話でのお問い合わせ  09037739589 (受付時間 平日・土曜日10:00~18:00 日曜休み)

 

inq8_2