こんにちは!

英語を音から学ぶといろいろといいことがたくさんあります。

私自身は英語学習に時間をたくさん費やし、TOEICで900点を超えてから

発音のやり直しをはじめました。

だからこそ「はじめから発音を学んでおけばよかったな。」と思うことがたくさんあります。

発音を学ぶと英語全体の成長が早くなります。

これは記憶の書き換えをする手間が省けるからです。

1cfbf8090899600e7445a9c7684c2bd2_s

hopeという単語、私はずっとホープと覚えていました。

でも実際の音はホウプに近い音です。

アルファベットもRはずっとアールと読んで何度も何度も聞き返されていましたし

helpful もヘルプフルと言って通じないことがよくありました。

こういった「読んだらわかるけど伝わらない、聞き返される」単語が無数にあったのですが

発音を習ってからはその音を「活きる音」に修正しました。

それはそれで、オセロがひっくり返るような体験、楽しかったのですが

はじめからそのものの音を入れておくとその書き換えの手間は発生しないので

そのエネルギーを他のことに使える、もしくは温存できたはずです。

覚えた単語を聞いても言ってもそのまま通じると聞き返される回数はぐっと少なくなるし

そうなると使うのも言うのも楽しくなりますね。

楽しいと思う回数が多いとモチベーションも持ち続けられます。

楽しいことには時間をかけるのが苦でなくなるので成長も早くなる。

やりなおしの早い時期に発音をとりいれることはメリットがいっぱいです。

京都・滋賀 話す・聞くが楽になる英語発音レッスン

体験レッスン受付中です。

inq8_2

CEPIO京都教室ホームページはこちら