こんにちは!
前回、英語は英語の発声や息の出し方で話すと伝わりやすく、言いやすく、
またリスニングもしやすくなるのでメリットがたくさん!とお伝えしました。
今回は「日本語の音の出し方と英語の音の出し方の切り替えをスムーズにするには?」
についての方法を考えてみたいと思います。
日本語は口の前のほうで話をすることが多く、
また息もそれほど多く必要としないに対し
英語は息をたくさん使いながら喉の奥の空間をつかって話します。
普段私たちが生活をしているのは日本なので会話ももちろん日本語がメイン、
テレビやラジオなどから流れてくる音も日本語の割合が圧倒的に多いですよね。
レッスンでも発音の練習をする前に、
「今からは英語の発音。喉を楽に、お腹から声を出していきましょう!」
と意識するだけで音の質が変わることが多くあります。
43a25bf83eb730363bf081cd8baf9b30_s
練習をするまえに英語の音声を1分くらい聞くのも効果的です。
英語の音を聞くことで、発声の仕方や息の出し方などのイメージを切り替えやすくなるのでおすすめです。
はじめのうちは日本語⇔英語の音の出し方の切り替えに時間がかかるかもしれません。
うまくいかないこともあるかもしれません。それでも大丈夫です。
何度も何度も注意をして、意識をしながら切り替える練習を重ねることで切り替えにかかる時間はだんだん短くなります。
そしてそのうちに考えなくても「英語=この音の出し方だ!」と勝手に英語のオンオフスイッチが入るようになってきます。
時間がかかっても、前進していると信じてぜひこの切り替え、意識をして繰り返してみてください。

京都・滋賀 話す・聞くが楽になる英語発音レッスン

体験レッスン受付中です。
inq8_2

CEPIO京都教室ホームページはこちら

 

 

京都・四条烏丸・五条新町 英語発音レッスンCEPIO京都教室

完全予約制
・四条烏丸会場( 地下鉄四条烏丸駅・阪急四条駅より北へ徒歩5分。 Oinai karasuma会議室)
・五条新町会場(地下鉄烏丸五条駅から徒歩約5分(GROVING BASE会議室5F )

教室案内