こんにちは!日野ゆう子です。

「英語の発音やリズムで話すと、何となく気恥ずかしい・・」という心配なさっている方。そのお気持ち分かります。

私は中学校の時、CDから流れてきた単語を何とかそれっぽくまねしていってみたのですが、隣の男の子に冷やかされたことがあります。

apple がアッポーと聞こえたのでそういったら「アッポーってジャイアント馬場か!」というような・・(昭和のたとえで分かりにくいかもしれませんが。)

それから、アッポーというのはやめ、アップル、pencil はペンソーと聞こえたけどペンシル と意識的に言っていました。そっちのほうが変なことを言われなくて済むと思春期の私は考えたのです。

「私が英語っぽい発音をしてもいいのかな?」実は、そんな気持ちをもっている方がたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

どこかにテレや、もう一人の自分の突っ込みなどがあり、「本当に英語っぽい発音して話してもいいのかな?」と不安になったりするのです。

いいのです!言葉は伝わえるためにあります。どのレベルからでもしっかり英語らしく発音しましょう!

Cercare una parola sul vocabolario

 

 

 

 

 

 

また、コミュニケーションにおいては「伝わる、伝える」ことがすべてです。そのことにだけ集中しましょう。

ここで自分のテレや、周りにどう思われるか・・という外側を気にする気持ちはいったん脇に置き、伝わりやすくなるなら何でもためす!という覚悟を決めると逆に気が楽になります。

そうは言っても、「この音であってるのかな?」「こんな風に英語を話して大丈夫かな?」「英語の音の真似をしているけれど、話し方に変な癖がついているのではないか?」色々と不安な気持ちになる場合もあると思います。

当教室のレッスンは、毎回英語の音、単語を読む、文を読む ひたすら音を出すトレーニングをします。

その過程で癖があればお知らせし、良いところは活かし、英語らしい音がいつでもでるように練習を行っていきます。

その過程で、英語の音と日本語の音の出方やリズムの違いを体感していただき「英語は英語の音とリズムで」という感覚や気持ちの切り替え方をしっかり身に着けられるようお声がけしていきます。

そして生徒さんご自身が「英語らしい音が出ているか。リズムがでているかどうか。」を判断していただけるようお手伝いをしていきます。

「英語の発音を真似してみたいけれど、何となく気恥ずかしい。」「自分が出している音がどう聞こえるか自信が持てない。」そんなお悩みをお持ちの方はぜひご相談ください^^

自信をもって、気持ちを切り替えて英語を話しましょう!

くわしい教室案内はこちらです。

京都・四条烏丸・五条新町 英語発音レッスンCEPIO京都教室

完全予約制
・四条烏丸会場( 地下鉄四条烏丸駅・阪急四条駅より北へ徒歩5分。 Oinai karasuma会議室)
・五条新町会場(地下鉄烏丸五条駅から徒歩約5分(GROVINGBASE会議室5F )
教室案内
生徒さまの声
アクセス
お問い合わせ・体験レッスン予約フォーム または info@eigo-hatsuon.com
電話でのお問い合わせ  09037739589 (受付時間 平日・土曜日10:00~18:00 日曜休み)

 

inq8_2