こんにちは!

「(日本にいると英語が通じるのに)外国に行くとなかなか通じないんだよね、、」

こういったお悩みを聞くことがよくあります。

1つの大きな理由として、

日本にすんでいる英語のネイティブスピーカー(もしくはネイティブでなくても英語を話す人)には

日本語の音への理解や知識があるということがあげられると思います。

79e15832e53f10bba10b00e2fe2f2f86_s

 

 

 

 

 

 

日本語は子音と母音がセットになる特徴があります。

例えば  cut カット とカタカナでは書きますが、この際 tの音は 実際には to のように発音をされています。

本来英語では発音されない o オがついています。

beautiful のlがルになったり difficult がディフィカルトとなったり、と色々なところでこの癖は見られます。

このような英語の発音は日本語話者に共通してよく見られるものなので、

日本語の特徴を肌で感じていたり、知識としてしっているネイティブスピーカーは

「ここは日本語の癖のでているところだな」と引き算をして元の音をとらえるのが上手になります。

 

 

また、リズムの感覚も英語と日本語では違います。

I went to Tokyo with my friend.

すべての単語が細切れで、ほぼ同じリズムででてくるということも

日本語のリズムの影響を受けている英語によく見られます。

I /went/ to/ Tokyo /with /my /friend.

英語のリズムはしっかりいうところとそうでないところのメリハリがはっきりしています。

それを期待するネイティブスピーカー(またはそういった標準の英語になれている話者)にとっては

細切れの均等リズムの英語は注目すべきところが分からず聞きにくいものとなってしまいます。

日本語の特徴を知らないと、

そのリズムの英語を聞く心の準備ができず、英語にはない予想外のリズム、音が聞こえることで

伝わらないということが起こります。

 

もしも「(日本にいると英語が通じるのに)外国に行くとなかなか通じない」というお悩みがある場合、

英語そのものの音やリズムの違いに気を付けてみてください。

それだけで、伝わりやすさがぐっとアップすることがよくあります。

 

京都・滋賀 話す・聞くが楽になる英語・英会話発音レッスン

体験レッスン受付中です。

inq8_2

CEPIO京都教室ホームページはこちら

京都・四条烏丸・五条新町 英語発音レッスンCEPIO京都教室

完全予約制
・四条烏丸会場( 地下鉄四条烏丸駅・阪急四条駅より北へ徒歩5分。 Oinai karasuma会議室)
・五条新町会場(地下鉄烏丸五条駅から徒歩約5分(GROVING BASE会議室5F )

教室案内

発音に悩んでいたインストラクター日野の記録です(発音に悩んでいた私の体験を書いています。)

生徒さまの声

アクセス

お問い合わせ・体験レッスン予約フォーム または info@eigo-hatsuon.com

電話でのお問い合わせ  09037739589 (受付時間 平日・土曜日10:00~18:00 日曜休み)

 

inq8_2