こんにちは!日野ゆう子です。

「英語っぽい。」とはどんなものでしょう。きっとお一人お一人イメージがあると思います。

英語と日本語の発音は、その音の響きや音素、そしてリズム感覚や息の使い方など違うところがたくさんあります。レッスンでは生徒さんとそのすり合わせをしながら、英語らしい音、文の流れで音が出せるよう練習を行っていきます。

かつての私自身もそうだったのですが、街で、テレビで色々なかたの英語を聞いていると、「その方が英語に持っている強いイメージ」がずれているため、発音の邪魔をしているケースに出会うこともよくあります。

34d24076ead87f9565dfa6d066675da2_s

 

 

 

 

 

 

例えば、アメリカ英語に良くでてくる音素の æ̀ (cat hat などに出てくる音ですね。)は日本語ではあまり聞かない音です。

その印象がとにかく強烈で、英語全体のイメージと強く結びついてしまい(CUPをキャァップと言ってしまうという具合に)本来必要のない音もæ̀で代用してしまう。

英語=Rのイメージが強く、必要のないところにもついついRを入れてしまう。そうなるといつも舌が上がった状態で話をする癖がつくので、ネイティブにとってもとても分かりにくい音になってしまいます。

英語のアクセントのイメージが強く、息を強くだしながら全ての単語を力んで発声してしまう。メリハリが英語の大切なポイントですが、息を吐くを意識するあまり細切れに息を吐きながら発音するのが癖になるとなめらかさがなくなり、聞きづらい音になります。

などなど。

独自の「英語らしいイメージ」が実は本来のものからずれていると、それがかえって伝わりやすさ、分かりやすさの邪魔をすることになってしまいます。

こういった間違いも、例えば 「本来この箇所にくるのは æ̀ ではなく ә だ。そして、それはこのように発音する。」 といったことが分かっていれば音を修正することができます。

「自分は æ̀ を不要なところで出してしまう癖があるんだな。」 と認識できるだけでも、気づけば修正、気づけば修正を繰り返し癖をなくしていくことが可能です。

上書き修正をするようなイメージですね。

それが 英語らしさ なのか 癖なのか 気が付つけることは大きな第一歩です!

当教室では英語の正しいイメージをしっかりつけていただきながら個々の発音から修正を行っていき、聞きやすく理解されやすい英語の発音の習得をお手伝いしています。

教室案内はこちらです。

京都・四条烏丸・五条新町 英語発音レッスンCEPIO京都教室

完全予約制
・四条烏丸会場( 地下鉄四条烏丸駅・阪急四条駅より北へ徒歩5分。 Oinai karasuma会議室)
・五条新町会場(地下鉄烏丸五条駅から徒歩約5分(GROVINGBASE会議室5F )
教室案内
生徒さまの声
アクセス
お問い合わせ・体験レッスン予約フォーム または info@eigo-hatsuon.com
電話でのお問い合わせ  09037739589 (受付時間 平日・土曜日10:00~18:00 日曜休み)

 

inq8_2