こんにちは!日野ゆう子です。

英語のリスニングをしていて日本語とリズムの感覚・音の響きの感覚が何だか違うと感じることはありませんか?

英語には英語のリズムのルール・そして特有の発声法がありがあり、それに従って読む、話すと伝わりやすさがぐっと変わります。

また話す側、読む側もそのルールに従ったほうがずっと話しやすくなります。

もちろん今までに私たちがしてこなかったことなので、癖がつくまではもどかしいですが、一度身に着けてしまうと、その便利さから「もとには戻れない!戻りたくない!」気持ちになります^^

今日はそのリズムの法則と語の口や舌のホームポジションについてお知らせしたいと思います。

ぜひチェックしてみてくださいね。

口の形や舌のホームポジションのお話の前に、まずは英語のリズムについてお話します。

伝わる英語とは?英語のリズムは伸び縮み

英語はゴムの伸び縮みのように、しっかり言うところそうでないところのメリハリをつけてリズムをつくります。

ゴムが伸びるところ=しっかり伝えたい部分ははっきり発音をし、それ以外は逆にわき役に徹し省エネに。基本のホームポジションにいて、出番(しっかりいうことろ)を待つというイメージです。

例えば Nice to meet you.

この文の場合は赤字がしっかり伝えたい内容となりますのでここはゆっくりストレッチでしっかり。それ以外のところはリズムの隙間を埋めるようにさっと発音します。

このメリハリが英語のリズムです。

10593863736_6c1f11f635_m

意外と気が付かない!わき役の音の存在も大切です。

各音の特徴をしっかりとらえて音を出す練習をしていると、疑問がわいてきます。

「いつもこんなに一つずつの音をはっきりだして話すの?」

いえいえ、そんなことはありません。

日本語でも、お・は・よ・う・ご・ざ・い・ま・す と、一つずつの音をしっかり言うことはありません。ずっとその話し方だと疲れてしまいますよね。

それと同じように、英語も話をするときも 常に一つずつの音をしっかりくっきりいっているわけではありません。

日本語以上に、しっかり言うところ、そうでないところの差がはっきりしているのが英語です。

しっかり音の特徴を身に着けたら、しっかり言う部分だけでなく、さっと流す部分の言い方の感覚を身に着けます。

そして両者の移動をスムーズにできるよう練習を行います。

38db4fb16d8d1b20dab07dc852776652_s

伝わる英語の大切なツール・口や舌のホームポジション

そんな移動をスムーズのさせるために必要なのが移動の基地となる舌のホームポジション、そして口・喉の空間です。

英語の基本のホームポジションは、口をぽかんとリラックスしてあけ、舌先を下前歯のあたりに置きます。舌の真ん中の奥が少し下がっているイメージです。

英語は日本語を話すときよりも、口の空間を広く使います。

ここから必要な音への移動を行います。

ladymouth

 

 

 

 

 

 

日本語を話すときは普段舌が上に上がっていたり、喉の奥の空間が狭くなっています。

このまま話をすると、固い感じの英語になったり、息が続かないので日本語のリズムベースの細切れの音のリズムになりがちです。

文を細切れにして読むと、そのリズムになれていないネイティブスピーカーには聞きづらい英語になり、聞き返しが頻発してしまうのです。

英会話をスムーズに、相手に伝わりやすくするためには舌をホームポジションに、そして口・喉の空間をしっかりとることが大切です。

長年親しんできた日本語の話し方と混同したり、戻ったり。

はじめのうちは英語のホームポジションをとることもなかなかうまくいきませんが、正しい方法で意識をして練習をするうちに「こっちのほうが英語を話すのが楽かも・・」という感覚がついてきます。

意識づけと練習を続け、「英語には英語を話すときには英語の話し方」を当たりまえの状態にすることが大切です。

当教室では英語→英語の音やリズム、発声 日本語→日本語の話し方

実際に何度も体験していただくことで切り替えをスムーズにできるよう意識づけを行います。

レッスンでは英語の音の響きや息の出し方を大切にしながら、伝えるべき箇所で必要な音の特徴がしっかり出せるように。そしてそれ以外のところは英語の音の響きを大切にしながらも省エネで。

一人一人の状態や癖をチェックしながら修正し整えていきます。

英語の特有のリズムや発声をあなたの「あたりまえに」。おひとりおひとりの状態に合わせた指導を行います。

当教室では、どんな音がメリハリのメリの部分に来ても正しい音でしっかり伝えられるよう各音素の練習を行います。

それと並行して英語の音のクオリティーを保つための、舌のホームポジションや空間の癖付けもしっかり行います。鏡を見ながらおひとりおひとりの状態に合わせて練習を行っていきます。

英語の響きやリズムをあなたのなかの「当たり前」に設定する発音レッスン。周りの人を気にすることなくマンツーマンで学べます。教室案内はこちらです。

京都・四条烏丸・五条新町 英語発音レッスンCEPIO京都教室

完全予約制
・四条烏丸会場( 地下鉄四条烏丸駅・阪急四条駅より北へ徒歩5分。 Oinai karasuma会議室)
・五条新町会場(地下鉄烏丸五条駅から徒歩約5分(GROVINGBASE会議室5F )
教室案内
生徒さまの声
アクセス
お問い合わせ・体験レッスン予約フォーム または info@eigo-hatsuon.com
電話でのお問い合わせ  09037739589 (受付時間 平日・土曜日10:00~18:00 日曜休み)

 

inq8_2