こんにちは!

レッスンをご受講中の生徒さんに

「最近発音の全体的な感じが良くなって来られたな」 と感じる方がいらっしゃいます。

母音、子音と基本的な音素とリズム、アクセントの感覚を

それぞれのコースを通してしっかりと養ってこられたのですが

それがさらに全体的にうまくまとまってきているなと感じます。

お聞きすると職場にネイティブスピーカーの方が入ってきて

毎日その方が話す英語を聞く機会ができたのだそうです。

レッスンや練習を通してストックしてきた英語の音やリズムの感覚を

実際に自分の身近なところで使われている英語を聞くことによって

自分の中にさらに落とし込んで行く。

自分の身近なところで話される英語は、自分もその中にいる感覚から

自分の中に取り入れやすいのだと思います。

「自分もこんなリズムでこんな風に言っていいんだ」

と具体的に想像しやすいという感じでしょうか。

英語と日本語は文法やリズムも音の感覚も違いが大きな言葉なので

どこかで

「こんな風に発音しても本当にいいのかな?

こんなリズムで発音してもいいのかな?」

という迷いや恥ずかしさが出てくることがあります。

実際は英語は英語の発音で、リズムで話をしたほうが

日本語発音やリズムに当てはめて発音をするよりもずっとずっとずっと

聞きやすくなるのは間違いないのですが。

遠い国で話される、自分から遠い目標の言葉としてではなく

自分が関わる「生の言葉」として英語をとらえると

その「私もそんな風にいってもいいんだろうか」という迷いがどんどん崩れてきます。

英語と自分との距離が縮まってきます。

a1370_000605

そのためにも、英語は他人の言語 と思わず、

自分も使うコミュニケーションの道具 だと認識することが大切だと思います。

ポイントは想像力、なりきりです。

職場や身近に実際に英語を話す人がいなくても

洋画をみるなら

そのシュチュエーションに自分もいるような気持ちで見る、

フレーズの練習をするのも友達に実際に話しているところを想像する。

実際に自分が英語を使ってコミュニケーションをとるんだ とっているんだと

イメージを具体的にすること、英語と自分の距離を縮めること が上達の隠れたポイントだと

感じています。

京都・滋賀 話す・聞くが楽になる英語・英会話発音レッスン

体験レッスン受付中です。

inq8_2

CEPIO京都教室ホームページはこちら

京都・四条烏丸・五条新町 英語発音レッスンCEPIO京都教室

完全予約制
・四条烏丸会場( 地下鉄四条烏丸駅・阪急四条駅より北へ徒歩5分。 Oinai karasuma会議室)
・五条新町会場(地下鉄烏丸五条駅から徒歩約5分(GROVINGBASE会議室5F )
教室案内
生徒さまの声
アクセス
お問い合わせ・体験レッスン予約フォーム または info@eigo-hatsuon.com
電話でのお問い合わせ  09037739589 (受付時間 平日・土曜日10:00~18:00 日曜休み)

 

inq8_2