こんにちは!

英語を聞いているととても早口に聞こえることがあります。

ドラマやネイティブ同志のカジュアルな会話など、確かにスピード感を感じますよね。

では、英語は早口で話すと英語らしいのか?

8145e3a0bd7b18674c0f807fc3ddbfa4_s

とりあえず早く言えばそれらしく聞こえるのか?というとそんなことはありません。

ネイティブの方が話すと

おじいさんが孫にゆっくり絵本を読んであげるのも

演説でゆっくりはっきり聴衆に語り掛けるのも (あたりまえですが)みな英語らしいですよね。

英語らしさはスピードではなく 緩急 です。強弱 といういい方もされます。

はっきり言うところはその語のアクセント部分をストレッチ。

逆にあまり重要でないところはあいまいに弱く早く。

この法則は、スピードが速くてもゆっくりでも変わりません。

日本語のようにすべて同じリズム で

(I like the cat. アイ・ライク・ザ・キャット  トン・トン・トン・トン) と

早く口で言ってもそれは英語らしく聞こえるのではなく、

日本語の土台にのった英語が早く言われている だけ なのです。

緩急・強弱のイメージは

(I like  the  cat.    ・・・キャーット ト・ト・ト・トーーーン) と

とメリハリをつけるをつけるような感じです。

緩急・強弱のイメージ、気を付けて英語を聞いてみてください。

大きな発見があるかもしれません!

 

京都・滋賀 話す・聞くが楽になる英語・英会話発音スクール・レッスン

体験レッスン受付中です。

inq8_2

CEPIO京都教室ホームページはこちら