こんにちは!

先日原稿読みの練習をされている生徒さんとご一緒したときのこと。

 

生徒さんの長文の原稿にたくさんの線引き文字が。

a1400_000307

読めますが、ABC  ←このような形になっています。

これは文章の中でしっかり言いたい部分とそうでない部分を

ご自分の中で区別するために実験的に線引きしてみたのだと教えてくださいました。

日本語にくらべて英語ではアクセントの部分はしっかりそうでない部分はあいまいにと

メリハリが大事になります。

アクセントの部分は強くというよりは、ゴムが伸びるようなイメージでしっかり

そうでないところはゴムが縮むようなイメージであいまいに。

そのような形で読んでいきますが、

印刷した文字には、

当然「ここはしっかり ここはあいまいに」

という区別はなく

どれも同じように書かれています。

分かっていてもどうしても文字を追って読んでいくと

本来弱く読みたいところまでしっかり発音してしまう・・

そういった問題を解決するために生徒さんは

この線引き法 を試して見られたとのことです。

視覚的にメリハリをつけるこの方法、

ご自分が困って考えて編み出された方法だけあって

生徒さんにはとても効き目がありました。

自分が苦手だな と思う事があり

それをどうやったら克服できるか。

工夫をかさねて練習をし、進んでいらっしゃるお姿、

すばらしいな と思います。

英語発音インストラクター 日野ゆう子

京都・滋賀 話す・聞くが楽になる英語・英会話発音レッスン

体験レッスン受付中です。

inq8_2

CEPIO京都教室ホームページはこちら

京都・四条烏丸・五条新町 英語発音レッスンCEPIO京都教室

完全予約制
・四条烏丸会場( 地下鉄四条烏丸駅・阪急四条駅より北へ徒歩5分。 Oinai karasuma会議室)
・五条新町会場(地下鉄烏丸五条駅から徒歩約5分(GROVING BASE会議室5F )

教室案内

発音に悩んでいたインストラクター日野の記録です(発音に悩んでいた私の体験を書いています。)

生徒さまの声

アクセス

お問い合わせ・体験レッスン予約フォーム または info@eigo-hatsuon.com

電話でのお問い合わせ  09037739589 (受付時間 平日・土曜日10:00~18:00 日曜休み)

 

inq8_2