こんにちは!

レッスンでは、英文を音読していく際、

前置詞のバランスを体感していただくようにしています。

a0780_000802

ネイティブが発音するリズムと自分が発音するリズム、

比べてみて 何かが違う・・・という場合

原因は色々と考えられますが

前置詞が関係していることがあります。

例えば

 for 、 about 。

実際に発音する場合は

forは f (あえてカタカナでかいてみるとフ とか フォ とかでしょうか)

about は はじめの a はほぼ聞こえないくらい小さくなることが多くなります。

(文章の内容によって 前置詞を目立たせたい場合は例外ですが)

ここを軽く発音することによって後にくるより重要な情報 名詞とか動名詞とかの意味のあることばが

より目立つようになります。

 

ネイティブの音と聞き比べて自分の音の

リズムがおかしいな、というときは

自分の発音する音を録音して

前置詞にかけるスピードや発音をチェックしてみてください。

もしくは、ネイティブの読んでいる音源と一緒に文章を読んでみてください。

一緒に重ねて読んでみると、英語のリズムにメリハリがあることが

よりわかると思います。

 

実際は軽く発音される前置詞を

スペルのまま、フォー とか アバウトとか

しっかり発音してしまうことで

1拍分しっかりとってしまい

その結果として、そこに拍を取らないネイティブの音の感じと

ずれていってしまうということがよくあります。

 

お手本の音をよく聞く、

お手本の音と重ねて実際に言ってみる

というアプローチをとることでどこで音がずれていくのか

を把握することができます。

今は語学の教材にもCDが付いていることがほとんどになりました。

(あまりに早すぎる、遅すぎると練習がしにくくなると思いますので

そういたったものはのぞいて)

ぜひ色々な音源を使って

よく聞く、実際に言ってみる、音源と重ねていってみる

のステップを繰り返してみてください。

 

しっかり拍をとっていわれているところ

逆に軽く早く言われているところ

の感覚が身についてくると思います。

 

 

英語発音インストラクター 日野ゆう子

京都・滋賀 話す・聞くが楽になる英語・英会話発音レッスン

体験レッスン受付中です。

inq8_2

CEPIO京都教室ホームページはこちら

京都・四条烏丸・五条新町 英語発音レッスンCEPIO京都教室

完全予約制
・四条烏丸会場( 地下鉄四条烏丸駅・阪急四条駅より北へ徒歩5分。 Oinai karasuma会議室)
・五条新町会場(地下鉄烏丸五条駅から徒歩約5分(GROVING BASE会議室5F )

教室案内

発音に悩んでいたインストラクター日野の記録です(発音に悩んでいた私の体験を書いています。)

生徒さまの声

アクセス

お問い合わせ・体験レッスン予約フォーム または info@eigo-hatsuon.com

電話でのお問い合わせ  09037739589 (受付時間 平日・土曜日10:00~18:00 日曜休み)

 

inq8_2