こんにちは!

新しい年になりました。(といっても今日はもう鏡開き。)

本年も、お一人お一人の目標達成のお手伝いをしっかりとしていけるよう

インストラクター一同精進してまいりたいと思います。

よろしくお願い申し上げます。

 

さて本日は、英語の音と日本語の音の切り替えについて。

レッスンでは音を出すために

鏡を見ながら口の形や舌の位置を確認していきますが

それと同じく、音の響きもチェックしていきます。

a1180_016265

日本語の音は口元で発声される傾向にあるのい対し、英語の音は

のどの奥も楽に音を響かせるように出していきます。

 

はじめのころはどうしても日本語方式の発声の癖が出ていても

回を重ねるうちに、こちらが少し指摘をするだけで、

生徒さんご自身が「あ!」と気づいて声の質の修正をされるという形になります。

さらに練習を重ねるうちに意識をしなくても英語を話すときは英語の声の質に。

楽器を弾くのと同じ感覚で、慣れるまでこつこつ練習と意識をすることがポイントです。

 

英語発音インストラクター 日野ゆう子

 

京都・滋賀 話す・聞くが楽になる英語発音レッスン

体験レッスン受付中です。

inq8_2

CEPIO京都教室ホームページはこちら