こんにちは!

今日は教員の方のレッスンでした。

お仕事で英語を教えていらっしゃる方は

生徒さんによいレッスンをしてあげたい

自分もスキルアップを

と熱心な方ばかりです。

a1180_015542

「英語を教える」という仕事に加えて、生徒さんの生活、進路指導など。

愛情と情熱をもって指導にあたっていらっしゃる先生方にいつも刺激をいただいています。
スピーキング、リスニングが重視されはじめている昨今、

教師、講師の方も発音を気にかける方が多くなってきました。

お休みのあいだに短期で集中的に受講なさるかたもいらっしゃいます。

 

 

日本語と英語、発音面では色々と違うことだらけです。

なぜ違うのかどこが違うのか それをしっかり理解し、

そして目立つ発音の癖から修正していくことで

短い期間でも集中をして学び繰り返し練習することで発音の印象をずいぶん変えることができます。

 

TOEICや英検の講師をしていた時期、私は自分の英語の発音にはとてもコンプレックスを持っていました。

それまで、読む、書く、話す、の練習はしてきていましたが、

発音に関しては、都度CDの音はまねたり本を読んだりはしていても、

本格的に学んだことも練習をしたことがなかったので仕方のないことだったのですが。

 

自分が教えるのは、文法や試験だからと思いながらも、

CDから流れる模範音声に憧れたり、ネイティブとの会話で 簡単な単語を聞き返されたりして

落ち込むことが何度もありました。

 

発音を学び始めて、自分に足りないものがはっきりわかり、

逆にその埋め方や学び方の筋道もわかり、

もやもやがパッと晴れたような気持になったことを今もはっきり覚えています。

発音は、楽器と一緒で使い方を学べばそしてこつこつ練習を続ければ身に着けることができます。

 

レッスンにいらっしゃる教師・講師の方々も発音を本格的に学ぶ機会がなかったと

いう方がほとんどで、

かつて私が感じていたことと同じような悩みを持っていらっしゃることが

とても多いです。

 

「自分ができなかったことを克服して、その方法を教えられるようになった人は

はじめから問題なくできた人より、生徒のそばにたって指導できるんだよ。」

というのは、学生時代の恩師の言葉です。

レッスンに一生懸命取り組んでいらっしゃる先生方の姿を見るたびに、

そして学んだことを少しずつ授業で生徒さんたちに還元なさっているお話を伺うたびに

その言葉を思い出し、自分も頑張らなければ!と気持ちをひきしめています。

 

 

 

英語発音インストラクター 日野ゆう子

 

京都・滋賀 話す・聞くが楽になる英語発音レッスン

体験レッスン受付中です。

inq8_2

CEPIO京都教室ホームページはこちら