発音の練習をしているときにどうしても

なんか違うなあ。

と思うことはありませんか?

一般的に日本語は英語と比べて抑揚も少なく、また音の長さも等間隔にちかく発音されるので

その感じで英語を話すとどうしても「抑揚のない、平坦な感じ」になってしまいがちです。

 

もうひとつ大切なことの一つが

気持ちをこめてなりきっていうことです。

気持ちを込めると文章の中でも どの単語をしっかり言おうとか

この部分は伝えたい というところがはっきりしてきます。

その単語の、とくにアクセントの部分は音を外さずに丁寧にいってあげる。


jenny downing

日本語と仕上がりの様子がちがうことに戸惑うと

「気持ちを込めすぎてと笑われないかな?」とちょっと心配になりますが

実際に録音をしたものなどを聞いてみると

意外と何ともなく、ふつうに聞こえることに気が付くと思います。

練習の時は、その文章の意味に入り込んで。

これもひとつのおすすめポイントです。

 

京都・滋賀 話す・聞くが楽になる英語発音レッスン

体験レッスン受付中です。

inq8_2

CEPIO京都教室ホームページはこちら