少し前に書店で見かけてこの本を手に取りました。

アマゾンでは評価がさまざまですが、

「海外でで仕事や勉強をしたい」と思っている人にとっては

とても面白い本ではないかと私は思います。

名門イエール大学では英語を第一言語としない留学生のために

どのような教授法で英語を教えているか、その内側をのぞけます。

うらやましい、うけてみたいなあ、

と思いながら読み進めました。


Large lecture college classes / kevin dooley

 

発音についても言及がありました。

以下抜粋です。

語学の入門は発音から。

本当にその言葉を身につけようとおもうなら、

発音は絶対に軽視できません。

まず「意識的に音を区別して発音する能力」を身につけないかぎり、聴く力が育たない。

そして、聴き取る力が育たない。そして、聴き取りができないと、インプットの量が格段に減少するため、

長期的に見ても、語学力の質そのものに決定的な悪影響を及ぼしてしまいます。」

 

・・・私は発音を学ばずに英語をずっとやってきてしまったので

この言葉にはとても納得です。

聴き取りでは(そして話す場面でも)ずいぶん損をしてきてしまいました。

 

本には自分一人でできる発音チェックの方法ものっているので

興味のある方は読んでみてくださいね。

お問い合わせはお気軽に!

京都・滋賀 話す・聞くが楽になる英語発音レッスン

体験レッスン受付中です。

inq8_2

CEPIO京都教室ホームページはこちら