レッスンを受けているときに、

先生方から何度も指摘していただいたポイントの一つが

の使い方でした。

日本語と英語では息の使い方がちがいます。

a1180_010435

日本語は浅いところから声をだす言語だとよく言われます。

日本語に慣れてしまっている私たちは

英語を話すときも日本語の発声方法を使ってしまうのです。

ネイティブの人の声だけ、やたらと大きく聞こえることはありませんか?

それは発声の仕方が違うから。

喉を楽にして音を出すと深みのある音になります。

「自分の発音は何かちがうなー?」と思っていたもやもや

レッスンで息の出し方を教わり、体得していく過程で

「ここだったのか!」という発見に変わりました。

京都・滋賀 話す・聞くが楽になる英語発音レッスン

体験レッスン受付中です。

inq8_2

CEPIO京都教室ホームページはこちら