以前日本語を教えていた時に知りりあった外国人の方は

日本語はもうほぼネイティブ並、難しい文献をよみこなし、

専門家と日本語で討論もして・・という素晴らしい能力の持ち主でした。

ですが、その方は「のぼり棒」という単語を知りませんでした。

 

■ 自分に関わりのない言葉

すでに大人で、独身の方だったので、公園でのぼり棒を使うことも

子供をのぼり棒で遊ばせることもなかったから、

その方の生活ではふれることのない単語だったのですね。

 

人それぞれ、生活環境や、日常的に触れ合う人は違うから、

多かれ少なかれそういう偏りは出てくると思うのです。

 

■日常生活の色々な単語が広く学べる・見られるPicture dictuonary

 

この本、

OXFORD PICTURE DICTIONARY:ENGLISH/JAPANESE

はそんな偏りが気になる方にもおすすめです!

絵とともに、身の回りのさまざまな物や事柄、出来事、感情、行事などがまんべんなく収められている

目で見る辞書です。

 

私も、辞書というよりは読み物として楽しんでいます。

読むたび、「こんな表現をするのかー!」と新鮮に驚いています(前回見たことを忘れているのかも・・)。

 

 

英語発音インストラクター 日野ゆう子

話す・聞くが楽になる英語発音レッスン

体験レッスン受付中です。

inq8_2

CEPIO京都教室ホームページはこちら